日本製の通販

人気のアメリカ製排卵検査薬を通販したい方のための価格・値段比較表

この前皮膚科に行って塗り薬をもらったのですが、千円札が丁度一枚消えました(笑)。

塗り薬って言っても、あんなの二週間もすればすぐ無くなる量です。それなのに千円って…診察料も中には含まれてはいるのですが、日本の薬って高いんじゃないのかな、と時々不満に思ったりもします。

そのため、最近では海外から薬を通販する人も多いそうです。

そっちの方が金銭的に大分お得なのだとかで。比較的軽度の不妊症の女性が、自然妊娠を目指すためによく使う排卵検査薬も、そっちの方が安いみたいです。特にアメリカ製の排卵検査薬が精度も高くておすすめ。

排卵検査薬って、1月に何本も使う上、最初の方は陽性か陰性かをチェックするタイミングも把握するために(※二日後に排卵があるとしても、チェックする時間帯によっては陰性の時も多々あるそうです)、ものすごく小まめにチェックしなくちゃいけないそうですからね。

妊娠検査薬みたいに1回1本では済みませんから、その分単価を安くしておきたいですよね。でもそれじゃあ日本の薬の売り上げが下がるという…。

排卵が不安定なら海外製の排卵検査薬

私は、生理って大体その月の20日過ぎたくらいに毎回来るんですけど、そうして毎月生理が安定して来る女性って、結構少ないみたいですね。それこそ、最近では20代後半以降の女性でも、生理が安定していない人が多いのだとか。

生理が不安定ということは、排卵も不安定ということですよね。となると、妊娠もしにくいですし、不妊治療にも一苦労しそうですね。排卵検査薬とかって、そもそも自分の生理周期を把握してないと使うタイミング掴めませんし。

そこで、そうした女性には、海外製の排卵検査薬の購入が推奨されるそうです。日本製のだと、1回にそんなドバッと買えないし、たくさん買うと値段が張りますが、海外製のものを通販で買うと1回で50本も買え、しかも値段も日本製のものと比べ物にならないくらい安いのだとか。

つまり、これで毎日のように検査をすれば、どんなに生理が不安定でも排卵日が分かるということですね。原始的ですが同時に一番確実な方法でもありますから、これなら安心ですね。